artist

見田村千晴 -Chiharu Mitamura-

1986年5月15日生まれ、岐阜県出身 シンガーソングライター

アイドル(主にハロプロ)、ラジオ、映画が好き。2歳からピアノ、3歳からヴァイオリンを始める。高校では音楽部に入る。合唱コンクール全国大会にて1位を獲得する。

2005年、早稲田大学進学とともに春に上京。バンドサークルに入りギターと曲作りを始める。
2007年春よりソロ、ギター弾き語りでのライブ活動を始める。
2009年、大学卒業以後、本格的に活動開始。年間100本以上のライブを行うほか、3枚の自主制作CDを発表、自主企画ライブ『ヨコロビ』やワンマンライブの開催等、精力的に活動。

2011年、タワーレコード主催のオーディション「Knockin’on TOWER’s Door」にて準グランプリを獲得し、6月に1st ALBUM『いつかのように』をリリース。世界最大規模の気象情報会社ウェザーニューズが季節ごとに無料配信する「ソラウタ」への起用、ユニクロ「ヒートテック」CM出演、イベントでは2,000人の前でオープニングアクトを務める等、着実に活動の幅を広げる。

2012年、2nd ALBUM『I handle my handle』をリリース。
前年に引き続きウェザー ニューズの「ソラウタ」に起用され累計100万ダウンロードを達成した「雨と空言」や、TBS系TV『みのもんたの朝ズバッ!』のエンディングテーマ「愛がそこに無くても」、そして中島みゆきのカヴァー曲「ヘッドライト・テールライト」等が収録され、更なる飛躍を遂げるきっかけとなる。

2013年2月、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにてワンマンライブを大成功させる。

2013年9月25日、MINI ALBUM『ビギナーズ・ラック』で、ビクターレコーズよりメジャー・デビュー。同年末には桑田佳祐が選ぶ「邦楽ベスト20」の4位にビギナーズ・ラック収録曲の「悲しくなることばかりだ」が錚々たるアーティストに並んでランクインした。

2015年4月、メジャーファーストフルアルバム『正攻法』リリース。

精力的なライブ活動のほか、最近ではYouTubeにてハロプロ楽曲の弾き語りカバーをアップし、
ハロプロファンの間でも話題を集めている。


浜田真理子 -Mariko Hamada-

'64年 島根県出雲市生まれ、松江市在住。

学生時代よりバー、クラブ、ホテルのラウンジでピアノ弾語りの仕事をする。
'98年暮れ1stアルバム『mariko』をリリース。僅か500枚のプレスが東京の一部のマスコミに取り上げられ完売。
'01年に再プレスされるまで音楽ファンの間で伝説化する。再プレス後、東京の大型CDショップの試聴器でロング・ヒット。
'02年マネージメント事務所兼レーベル美音堂が設立され、2ndアルバム『あなたへ』をリリース。ライブ活動を年間数本のペースで始める。
'03年12月廣木隆一監督、寺島しのぶ主演映画「ヴァイブレータ」「あなたへ」が挿入歌となり話題になる。
'04年7月MBS・TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演し反響を呼ぶ。
'06年大友良英プロデュース3rdアルバム『夜も昼も』をリリース。
'08年5月公開の地元島根を舞台にした錦織良成監督映画「うん、何?」にて音楽を担当。
'08年11月世田谷パブリックシアターにて、演出家久世光彦のエッセイ「マイ・ラスト・ソング」を題材にした音楽舞台で女優小泉今日子(朗読)と共演し好評を博し、各地で開催を続ける。
'08~'09年にかけてACキャンペーンCM「国境なき医師団」で書き下ろし曲『ひそやかなうた』が流れ反響を呼ぶ。
'09年3月NHKドラマスペシャル「白洲次郎」にて『しゃれこうべと大砲』が挿入歌に起用される。4thアルバム『うたかた』をリリース。
'11年資生堂アースケアプロジェクトCMに『LOVE YOU LONG』を書き下ろす。
'12年8月プロジェクトFukushima!のイベントを松江、郡山で開催し、新曲『はためいて』を書き下ろす。
'13年3月より大友良英をはじめ、プロジェクトFukushima!の関係者を講師として迎え、原発を考える講習会 「スクールMARIKO」を半年にわたって松江で開催。7月に5作目となるアルバム『But Beautiful』をリリース。
'14年 9年ぶりのライブ盤「Live.La solitude」をリリース。11月初のエッセイ本「胸の小箱」を出版
'15年 12年間所属したマネージメント事務所美音堂を離れ、新しいステージへ。


村上紗由里 -Sayuri Murakami-

千葉県に生まれる。
両親と弟の四人家族、温かな愛にあふれた環境で育つ。五才でピアノを始めて音楽に触れる。
幼少の頃から友達は多い方ではなく、親しくなった誰かとじっくりと友情を育んでいくタイプ。
十五才でギターを始め、二年後に文化祭などで友人と弾き語りを披露する。その頃、作詞、作曲を始める。
翌年にはそれと並行して、憧れていたバンド活動を一年限りで実現させ、悔いの無い高校時代を送る。
音楽専門学校に入学。作詞作曲の基礎を学ぶ。なので、譜面は読めるし、書ける。この頃から音楽仲間達と路上ライブを始める。卒業後、地元にほど近い千葉駅クリスタル・ドーム前に独りで立ち、路上ライブを始める。
2014年、音楽活動の拠点を都内に移す。伝説のロック喫茶B.Y.Gでアルバイトをしながら、 お茶の水は聖橋で定期的に路上ライブを始める。同年6月、B.Y.G主宰の「東京うたの日コンサート」のルーキー・ステージに出演。ギターの弾き語りによる瑞々しいパフォーマンスと、純度の高い歌声に注目が集まる。

11月にはオフィスオーガスタ主宰の新人イベント「Calling You!! Show Case ?After Augusta Camp?」にも出演。
こちらはバンドのセットでの初ライブを披露。
2015年は、都内のライブハウスを中心に、ソロ・パフォーマンスでのライブ活動の幅を広げる。結果、路上ライブと合わせると年間100本を超えるステージを経験することとなった。70年代フォーク・ソングを彷彿とさせながらも個性溢れるオリジナル楽曲と、センスの光るカヴァー曲を中心に構成された、ギターとピアノの弾き語りによる独特のステージングは、多くの優れた女性シンガー・ソング・ライター達が居並ぶシーンの中でも、異色の存在として話題となる。
2016年3月、日本のフォーク・ミュージックの黎明期を創設した伝説的なレーベル=ベルウッド・レコードより、ライブ会場限定盤CD『無情』でプレ・デビュー。3月18日には初ワンマン・ライブをB.Y.Gで敢行。チケットはソールドアウトという状況で記念すべき日を迎えた。同年6月1日にはミニ・アルバム『落陽』(同レーベルより/表題曲『落陽』は映画『燐寸(マッチ)少女』の印象的で美しい場面の挿入歌として使用された)で、いよいよ本格的な全国デビューを果たすことになった。年末12月にはアナログEPとカセット・テープ限定シングルとして『あげます/泣いて泣いて』をリリース。村上音楽の世界観を象徴するようなカヴァー曲を、特殊形態限定でリリースする姿勢に注目が集まることとなった。

2018年5月30日には待望の3rdミニ・アルバム『遠雷』がリリースされる。
「美しく豊穣な昭和の夢」と「脆く儚い現代(いま)的な想い」、この二つの感性の間でたゆたう言葉とメロディー。村上紗由里の音楽観、普遍的でありながらも、それは唯一無比のモノであるのだ!と感じさせてしまう説得力の本質は、まさにそこにある。
路上で歌い始め、ステップアップを続ける歌姫。将来の夢は武道館のステージであり、そこを目指しながら、日々のライブ活動に精進中。その一方、最近ハマっているのは街のレコード屋さん巡りで、お気に入りのLPレコードとの出逢いに胸をときめかせつつ、それを掘りに行く事であったりもする……


やもとなおこ -Naoko Yamoto-

“ウタウタイ”やもとなおこ。

神奈川県の山、川、海の側で育ち、アコースティックギター弾き語りでのソロ活動は現在9年目!

その小さな身体から放たれているとは思えないほどに、踊るように弾きたくり、

パワフルに歌うシンガーソングライター。

ROCK、POPS、FUNK、JAZZ、SOUL。そしてBLUES。

ジャンルレスでバラエティーに富んだ曲調は、そのエッジのある特徴的な声と、

生々しさを感じるほどの日常の描写や言葉遊びの効いた歌詞により、

どの曲も“やもとなおこ”らしさを感じる。

2013年には47都道府県ツアーを敢行し、2014年には、Zepp DiverCity TOKYOへの出演、

渋谷TSUTAYA O-WESTにて1人弾き語りワンマンライブを開催。

その後のツアーでは台湾、ベトナムなどの海外公演も含め全国50公演を開催。

2017年からはロックンロールバンド"YAMONES"を発足し、

アルバム制作、全国ツアー20公演を年に一度のペースで行っている。

バンド、ソロ共にますます飛躍を続ける やもとなおこの活動に目が離せない!


Opening Act

岐阜県立加茂高等学校吹奏楽部 -Kamo High School Wind Orchestra-

協力:


mail:minokamo.himerock@gmail.com

All rights reserved by ヒメロック実行委員会